6月、世間は梅雨に入り、ジメジメとした気候が続いておりますが、
一方でジューンブライドばりに燃えたぎる熱い新入社員のMでございます。


 最近良く社内のコーヒーサーバーを利用します。

どのくらい利用するかといいますと、ホームページのスタッフの声で
「あと、コーヒーが無料で飲めるのも魅力ですね」
と書いてしまうくらいには魅力を感じている次第でございます。


もちろんコーヒーが飲めるだけでは、コーヒーサーバーとして更なる高みを望めるわけではありません。

そのコーヒーサーバーくんの熱い側面を私が語っていきたいと思います。




1. コーヒーを飲みに行く際の運動
この業界は座り仕事が多い業界ですので、運動不足になりがちです。
そんな運動不足を解消してくれるのが、このコーヒーサーバーくんです。

椅子から立ち、コーヒーを汲みに歩く「運動」をサポートしてくれます。


20150617_182751

郷愁を感じさせる横顔


彼のお陰で毎日の運動不足の解消になっています(疑問符)


2.コーヒー汲みにくる人コミュニティ
昔私が経験したことがある、「喫煙所コミュニティ」 に近いものが有ります。
コーヒーを汲みにくる同僚同士が、息抜きに会話に花を咲かせている風景をよく見ます。
別部署の仲間との交流の場であり、良い情報交換の場にもなります。

そう、彼の周りは「憩いの場」であることは間違いないでしょう。

そういったところから仕事の話がしやすくなったりと、助けられています。

実は彼はマイナスイオンを出しているのかもしれません。

20150617_182904

アンニュイな表情のコーヒーサーバー


IKKIには3F,2Fの両方にコーヒーサーバーがあるのでとてもコーヒー好きな私には助かります。
ちなみにポットも3F,2F両方にあります。


文章だけでは伝わりづらいですが、彼にはミステリアスな面がたくさんあるという紹介でした。


真面目に紹介すると、普通に気軽に取りにいけてコーヒーは美味しいです。

次回はIKKIにはない上に嘘ですが、ビールサーバーとかの紹介をしたいと思います!